ブログトップ

Psalm of The Sea

psalm.exblog.jp

緊急会議

f0054757_10255762.jpg

[PR]
# by Yoomi_Tamai | 2011-05-10 10:27 | わたくしごと

5/20(金)モナレコードで歌います。

出演/arco・タカギマリコ・Neo-eco・玉井夕海
開場/18:30,開演/19:00
ticket/前売り2000円、当日2300円(ドリンク500円別)

お問合せ、チケットのご予約は
mona recordsへ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年は体制を立て直して、音源を作りに専念しようと思っていたのですが、三月の地震の後は、なんだかその計画すらも含めて全てが自分の中でまっさらになってしまい、ゼロ地点でぼうっとしている状態が続いていました。自分が何を踏みつけて今立っているのかということに目を向けつつもその詳細を本当のところは殆ど何も知らずに、またその努力を怠ったままにへらへらとそれらしき言葉を連ねてきたことの不遜が堪え難く、声を見失ってしまいました。

そんなある日。埋もれていた一通のメールを発見しました。三ヶ月も前の日付だったそのメッセージは、偶然myspaceで音源を聞いてくださったモナレコードのスタッフの方からのライブ依頼書でした。

なんてこった!こんなに放っておいたなんて!とすぐにお返事を送ったところ、翌日には快く折り返しのお返事が届き、そこには、まずは覗きにいらっしゃいませんか。いつでもどうぞ。と書いてありました。


私は、今人の前で歌う資格があるんだろうか。

迷いはしたものの以来気になって頭を離れなかったものですから、60年振りに下北沢を訪れるという祖母を連れ、散歩がてらライブハウスをお邪魔することにしました。そこには白くて古い素敵なピアノが一台ありました。

「普通のピアノよりも弦が少し短いので、調律がすぐ変わってしまうんですけれど。」


弾いてもいいですよ、と許可をいただき、他のバンドの方がリハーサルをなさっている傍らで少しだけ弾かせてもらいました。なるほど、和紙にインクが滲むような音がして、いっぺんで好きになりました。


私は一人目で、19:00~19:35頃に歌います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
mona records
http://www.mona-records.com/
下北沢駅(小田急線、京王井の頭線)南口、徒歩1分。
(マクドナルドを左手に緩やかな坂道を下ってください)

〒155-0031
東京都世田谷区北沢2-13-5 伊奈ビル2F&3F
TEL: 03-5787-3326
FAX: 03-5787-3327
info@mona-records.com
[PR]
# by Yoomi_Tamai | 2011-04-25 20:50 | 告知

反芻記

このブログの題名を変えました。
本日以降、「奮闘記」から「反芻記」とします。

映画『もんしぇん』の公開にあたり、広くみなさんに映画や天草の存在を知っていただく為に始めたこのページも、早五年が経ちました。当初は確かにがむしゃらに「奮闘」していた私ですが、ある時期から「奮闘」という言葉にどうにも恥じらいを覚え落ち着かず、かといって自ら選び取った言葉を変えることも潔くないとそのまま綴ってまいりました。しかし、今この様々に続いて行く日々の出来事の前で「奮闘」という言葉に値するような行動も取れず悶々とする自分がどうにもこうにも腑甲斐ないのです。

五年の中で私は、様々な人、様々な土地、様々な出来事と出会いました。その出会いの全てが私の体から何かを削ぎ落とし、別の何かを培ってくれました。本当であれば、そうして私は以前にも増して力を付け、もっと人の役に立っていかなければならないはずですが、今はただ目の前にあるものとじっと向き合い考えることが精一杯で、にもかかわらず、気付くと膝を抱えて俯いている。多くの方々がそれぞれの力の限りに輝きを増し、今こそ変わろう支え合おうと呼びかけ、懸命な働きを続けておられるその声の林の中で情けなくも小さくうずくまっている自分には、「奮闘記」と記す資格はありません。では何が。ふと思い浮かんだのが「反芻」という言葉でした。

私は効率の良い人間ではありません。すぐ物を忘れるし、文字を読むことも、映像から情報を摂取することもままなりません。けれど時折ですがこの頼りないアンテナに届く何かがあって、それは、受け取ったその時は関わりのなさそうなことのように見えてしかし、長い時間をかけて並べてみるとそれによって理解する何かがあり、そのことが道しるべとなってくれました。あれはなんだったんだろう。あの人は誰だったんだろう。牛が草を食んで呑込んでは戻し、また食んで呑込んでは戻しながらようやく栄養とするように、わたしは私の出会いを反芻しながら歩き、立ち止まり、ときおりしゃがみこみ、また歩き出してようやくここまで辿り着きました。

五年前のような傍若無人さはとっくに失いました。
おもしろくねえなーと言われるかもしれません。
でも、それが今の私なのです。
[PR]
# by Yoomi_Tamai | 2011-04-21 18:51 | わたくしごと

心臓の鼓動、放たれる言葉。

NODAMAPホームページから。
『劇場の灯を消してはいけない』
~この東北関東大震災の事態に上演続行を決定した理由〜
http://www.nodamap.com/site/news/206
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みなさん、お元気でいらっしゃいますか。

私は元気です。

東京は今日もすこぶる晴れ渡って、けれどもずっとヘリコプターが旋回していて
どきどきしています。

毎日、どきどきしています。

あんまりどきどきするので
今まで気付かなかった小さな自分の心臓の揺れが
まるで大地の揺れのように感じ
穏やかにお茶を飲んでいても、眠っていても、
はっとして、辺りを確認してしまいます。

心臓が動いているから、私は今もこうして生きている。
一生懸命休む間もなく動いてくれている心臓に驚嘆したり感謝しながら
揺れてるけど、揺れてない、大丈夫。大丈夫。
と、深呼吸します。


私は今、野田秀樹さんの新作『南へ』という舞台に立っています。
火山の噴火を予知出来る三つ子、のうちの一人を演じています。

地震直後、4回の休演をいたしましたが
リーダー野田秀樹氏の決断により、現在は通常通りの上演を行なっています。
もちろん今夜も。


交通網が不安定な中、チケットを握りしめて足を運んでくださる方々が
少しずつですが増えて参りました。

偶然にも、地震がたくさん起きるお芝居ですし
今となっては口にすることを躊躇する台詞も多く
演ずるこちら側は、初めから最後までどきどきしっぱなしです。

けれども、そもそも言葉とはそういうものであった。
と、今、実感しています。


言葉は力を持っています。


体全部でありったけの音量で台詞を放つ度に
その言葉を書いた野田さんも、共演者のみんなも、
ダメージを受けていることが感じられます。

では、私はどうか。

紙に記された言葉を音に変え、さらに力を与えて放り投げ
目の前の相手を傷付け、傷つき、けれどじっと踏みとどまって、共に考えること。


力一杯のエネルギーが動けば、どこかで何かが変化を遂げる。


スタッフのみなさんは、昼間も早くから劇場に入り
帰りは我々を無事に帰した後も残って作業を続け

警備のおじさんたちも、劇場事務の方々も、夜遅くまで上演続投を支えてくださっています。
お客さんも大いに笑ってくださっています。

人一倍臆病者の私だけれど、
ちゃんと引き受けて、思いっきり光を放って突っ走ろう。
それが私の今出来ること。
[PR]
# by Yoomi_Tamai | 2011-03-18 15:03 | わたくしごと

ふふふの日

少し落ち着いてきたので、ちょっとだけ近況報告。
f0054757_12551115.jpg

http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201102100004より。

”ぴあ”記事から拝借。NODAMAP作品『南へ』の一場面。
左から、野口卓磨君、太田緑ロランスちゃん、高田聖子さん、玉井、野田秀樹氏。

私は隠れキャラとして登場。
みなさん凄い方々ばかりで、右往左往しながらコメディエンヌ修行中。
今日も晩には公演です。

そして、妻夫木君!
f0054757_12585327.jpg

http://career.oricon.co.jp/news/84964/

「今日はかつらの時間を変更でお願いします」
と、ヘアメイクさんから通達があって
いつもは私よりもっと後のはずの妻夫木君が、早々に隣で衣装とかつらの準備中だったり
テレビの中継車が劇場付近に待機していたりと物々しかったので
一体今日はなんだろう。

と思ったら、日本アカデミー賞授賞式だったこの日。
公演開幕前に、アカデミー会場と中継で結ばれての受賞発表だったとのこと。

本番直前でばたばたする楽屋裏では、取ったのか、取ってないのか、と気にしながらも
とにかく二時間、スタッフキャスト一同爆走して
(優ちゃんは知っていたのかもしれません。いつにも増してパワーが炸裂していた気がする)
幕が下りてからの発表となりました。

上演後、みんなの拍手に見送られ
はにかみながらトロフィー片手に楽屋に戻っていった妻夫木君。

なんだか私達までみんなとてもうれしくて、誇らしくて
あたたかい晩になりました。


同時に、個人的には
ひかりちゃんが最優秀助演女優賞の受賞を逃してしまったので残念だったのですが
公演から帰って慌ててテレビを付けたら、『悪人』チームのテーブルが映り
李監督や樹木希林さんと丸テーブルに同席しているひかりちゃんがいて
これまたとてもうれしかった。ほとんど親族の気分です。


私自身は細々と、マイペースに物を作っているので
こういった場面とはあまり縁がなく、
方々の応援団の皆さんには大変申し訳ない気持ちですが
私が出逢った人々や風景をこうして熱を持ってお伝え出来ることは
私の持って生まれた使命であり幸福です。

様々な人や場所の転機に立ち会い、喜びやいろいろを少しずつ共に味わいながら
私は私の残すことの出来るささやかな歌と物語について
想いを巡らせています。


そう言えば今日、久しぶりにいしまるあきこさんのtwitterを覗いたら
オラショについてのリンクがありました。

私の父方の祖母は長崎県田平という土地の生まれだったのですが
生月島に行く際には知らずにいつもそこを通って行きました。

ひいひいおばあちゃんは、籠手田という家から祖母の実家に嫁に来た人だと
後に田平の親戚に聞きましたが、
「籠手田」は生月を統治していたキリシタン大名だった
という話を、生月の郷土資料館で読んでいたので、へええ。こりゃ血の記憶だな。

と、何の脈絡もなく南へ惹かれて物語を作り始めたある日、思ったことを
さっき思い出しました。

生月のみなさん、天草のみなさん、お元気ですか。
[PR]
# by Yoomi_Tamai | 2011-02-22 13:46 | ご紹介

2011年1月1日、初めての玉三郎。

f0054757_2313475.jpg

みなさまいかがお過ごしですか。
あけてしまいましたが、おめでとうございます。

年末行なわれたとある抽選会で見事大当たりを果たし、元日に御招待していただきました『坂東玉三郎特別公演』。写真は、会場だったル・テアトル銀座ロビーの下りエスカレーターから撮ったお飾りのまゆ玉です。目出たい!目出たい!

人生初めて目にする、本物の玉三郎さん。
演目は、幻と呼び名の高い『阿古屋』。

劇中玉三郎氏自身の手によって演奏された、三味線・箏・胡弓の
特に、胡弓のグルーブ感には腰が抜けました。

関東での元日公演は1946年に初代・中村吉右衛門さんが行なって以来65年振りとのことで、玉三郎さんや共演者の皆さんはもとより、私達観客にとっても、大変貴重な一夜となりました。
そっと立っているだけでその場にいる人達を明るく照らし幸せにするひとこそ、本物と言うのだな。

f0054757_23434669.jpg


さて。私は目下、野田地図『南へ』の稽古中です。

音楽無しでお芝居だけの参加は久しぶりなので
確かに毎日おろおろはしていますが
野田さんの作品はなにもかもが詩のように躍動的なので
歌うような気分で参加すればよいのだ。と、今日やっと思えました。

私がどんなふうに登場するのかは、観てのお楽しみ。

とにかくおろおろしてばかりです。
せっかく野田さんが信じて任せてくださったのですから、役目を果たさなくては。
がんばります。

この舞台が終わったら、今年はきちんとしたソロアルバムの制作をするつもりでおりますので
そちらもどうぞお楽しみに。

では、本年もどうぞ宜しくお願い致します!

玉井夕海より
[PR]
# by Yoomi_Tamai | 2011-01-14 00:29 | わたくしごと

夜明け

f0054757_2117069.jpg


冬の早朝は寒くて真っ暗闇で恐ろしいので
弱虫で趣味睡眠の私は
訓練の為に時折この時期、自分に早起きを課します。
朝四時半。
ほとんど泣きそうになりながら布団を出て外に飛び出します。
なのに時々寝坊すると、目が覚めたときから世界は眩しく輝きに向かっていく途中で

ああ。
なんだ。夜ってちゃんと明けるんだ。

と、ほっとする。
寝坊がとても喜ばしい。


冬至が近づいていく22日までは
太陽と共にいられる時間が日々減ってゆくのを感じて不安にかられるばかりですが
小さいときから、まっすぐ走るより障害物競走を選んで来た私は
やっぱり明日も四時半に起きます。

おやすみなさい。
みなさん、風邪にはどうか気を付けてください。
[PR]
# by Yoomi_Tamai | 2010-12-06 21:30 | わたくしごと

glorious day

f0054757_22321679.jpg

撮影:入江正宏さん

去年の昨日。

私は新潟県十日町の鉢で、友人・とっこと
その夫となった耕太くんの結婚式で
『glorious day』という曲を作って歌いました。

久しぶりにブログを見たら、ちょうどその結婚式について書いた前の記事のところに
入江正宏さんという方からカギ掛けメールが届いていました。

ちょうど同じ結婚式にご出席で、歌っている写真を撮ってくださったのだけれども
私の名前が分からず、届け損ねたままだったのだが
この間、同じ場所で行なわれた収穫祭で同じ曲を歌っていた私を見つけたので
送ります。とのことでした。

わあ!
私、自分の写真というものをほとんど撮らないので
うれしいです。ありがとうございます。

この時、「あなたが男性か女性か分からず戸惑いました」という人に
何人か声を掛けられ、笑っていましたが。あはは。

もう一年か。
まだ一年か。
[PR]
# by Yoomi_Tamai | 2010-11-29 22:47 | わたくしごと

とっこの一声

f0054757_22401254.jpg

<田島征三ときどき日記>より

「夕海ちゃんに、ハチの収穫祭で歌ってもらえないかな」

と、
確か今年の夏の頃のことだったと思いますが
私の大事な友人・とっこから電話をもらいました。
新潟県十日町市の鉢という集落で行なわれる秋の収穫祭で「なんかやってほしい」という
村のみなさんからの御依頼なんだけど・・・ということだったので、

それでは!

ということで11月7日。
二人の若きTAP DANCERS・中山貴踏さん、染谷有紀さんと共に
鉢に向かいました。
f0054757_0345067.jpg

頭に瓜を乗っけてる人→有紀さん。地元の方とお話中の坊主頭の人→中山さん。


kaz tap studioで私の先生だったお二人とは
出逢った頃からずっと、いつか一緒に音楽を奏でたいと思いながら
彼らの靴音を聴き、そこから得たリズムや気配から曲を作ってきた二年だったのですが
去年のTAPERS RIOT2に出演中、楽屋裏で歌っていた私の声を聞いた共演者の中山さんが
「聞いてたらなんか懐かしい絵が見えました。俺、いつか夕海さんの歌で踊りたいっす」と
言って下さり、また同じく共演者だった有紀さんからも「私も踊りたい曲があります」と嬉しい一言をいただいて、以来、さていつどこで第一回目を実現させたものか・・・と機会を探していたところ、今回の依頼をもらったものですから。

ああ!それならここがぴったりだ!


ほとんどみんなの一つ返事で計画は実行に移されました。
f0054757_036788.jpg

↑お昼ご飯に出していただいた、けんちん汁とつきたてのお餅。
けんちん汁の中に入っていたきのこの歯触りはぷりぷり。
お餅にはきな粉と、生姜味噌がまぶしてあって
本番前なのに全部食べてお腹がいっぱいでした。




それぞれ多忙な日々の中、時間をすりあわせて話し合いをし
当日、合わせたのですが

そんなことはあまりないのだけれども
本番中、何度か思考が飛んで音が聞こえなくなってしまいました。
音楽を奏でているというより、音楽になってしまったというのか、
TAPとピアノと歌が一体化してしまい
いいとか悪いとか、判断がつかない間に曲が終わり、拍手がやってきて
しばらくぼうっとして、また歌い始めました。

f0054757_113654.jpg

聞きに来てくださったお客さんのほとんどは、鉢で畑をやっているおばあちゃんやおじいちゃんで
口をあんぐり開けながら、隣の人の耳に何かを囁いては頷き頷き、
ござの上に足を投げ出したまま、最後まで耳を傾けてくださいました。
f0054757_12123.jpg



これは果たしておもしろいと思ってもらえている光景なのか?
と、多少おろおろはしましたが、
鉢の若者達(50代、60代も含みます)曰く
「あれは、初めてあんなものを見て、びっくりして口が閉まらなかったんだよ。
 きっと帰ってからずっと話してるよ。いやー、おもしろかった!ぜったいまた聞かせて!」

ということだったので、安堵いたしました。

それにしても、ああ。
記念すべき一日はあっという間に終わりました。
この場をお借りして、中山さん、有紀さん、かつえさんへ感謝の気持ちを込めて。
大切な一歩を踏み出すことが出来ました。
夢が叶いました。とてもとても幸福な時間でした。
きっとまたみんなで先に進みましょう。
きっとです。

そしてとっこ。

まだ次も書くつもりだけれど、あなたはますます美しかった。
f0054757_23325610.jpg

とっこと、とわ。トッコハウスにて。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
White Elephant
2010,11/10 (水) open19:00,start 19:30

Vocal:玉井夕海、Piano:林正樹、Cello:徳澤青弦

charge:¥3500(1drink付き)
場所:南青山MANDALA
〒107-0062東京都港区南青山3-2-2 MRビル
http://events.myspace.com/Event/View/7654043

チケット店頭販売:10/3(日)より、南青山MANDALAにて。
インターネット予約先:blueberryflower9@gmail.com

お問合せは、03-5474-0411(南青山MANDALA)まで。

[PR]
# by Yoomi_Tamai | 2010-11-09 00:01 | わたくしごと

twitterの可能性。

f0054757_1426816.jpg


なかなかブログが更新されず、ごめんなさい。
今、ちょっとtwitterがおもしろいなあと思っていて
そちらに少し発言を連ねています。

go_go_goblin

文字の制限があるのがいい。
そして、突然びっくりする人と繋がってしまうところがおもしろい。

朝起きてコンピューターをのぞいたら

yokoono

という人からフォローがついていて
まさかと思ったら、やっぱりあのオノヨーコさんで
びっくりしました。

1,063,403人にフォローされていて
439,869人をフォローしている方だから
私なんて、いるのかいないのかさっぱり分からないうちの一人に過ぎないけれども

突然、世界が間近になりました。


彼女は自分の使い方をよくご存知だ。
彼女の(又はそのスタッフの)たった一つのクリックで、
ほんの少しまた世界を信じる力を持つ人が増えるに違いない。
彼女がフォローしている多くの多くの人々の写真を見ながら思いました。

彼女とその夫であったジョン・レノンさんの身の回りで起きていた様々なことが
遠く違う時代に生まれた私の皮膚感覚の中でまた大切な問題となって
押し寄せて来た朝でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

White Elephant
2010,11/10 (水) open19:00,start 19:30

Vocal:玉井夕海、Piano:林正樹、Cello:徳澤青弦

charge:¥3500(1drink付き)
場所:南青山MANDALA
〒107-0062東京都港区南青山3-2-2 MRビル
http://events.myspace.com/Event/View/7654043

チケット店頭販売:10/3(日)より、南青山MANDALAにて。
インターネット予約先:blueberryflower9@gmail.com

お問合せは、03-5474-0411(南青山MANDALA)まで。
[PR]
# by Yoomi_Tamai | 2010-10-21 14:28 | わたくしごと