ブログトップ

Psalm of The Sea

psalm.exblog.jp

<   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

7/14(土)White Elephant LIVE『what a wonderful world ー君へー』

f0054757_17482711.jpg


2012年7月14日(土)
White Elephant LIVE
『what a wonderful world ー君へー』


音楽:玉井夕海、坂本弘道
映像:石谷岳寛
照明:松本永

開場6:30、開演7:00
charge:1800円

@Bar AQUAVITAE

〒390-0874 長野県松本市大手1-3-30 ニュー大手ビル205

チケットのお申し込みは blueberryflower9@gmail.com
又は、Bar AQUAVITAE 0263-35-8418 へ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年四月、わたしは旅に出ることを決めました。
誰かを助ける為にでも、支える為にでも、身を守る為にでも、誰かを攻撃する為にでもなく、自分を問う為に。
そうして、物語と音楽を紡ぎ直す為に。

あれから一年と少しが過ぎました。
そこで節目として、ある人に向けて手紙を一通書きました。

音楽を共に奏でてくださるのは、『FAUST2011 in Chino』『空中キャバレー』でご一緒した音楽家・坂本弘通さん。照明には、映画『NOT LONG AT NIGHT』でご一緒した照明家・空間ディレクターの、松本永さん。同時上映いたしますのは、映像作家・石谷岳寛と、神田光による旅の記録です。

会場に選びましたのは長野県松本の、とあるバー。
当日協力には、TCアルプの面々。

ぜひいらしてください。
心より、お待ちしております。

玉井夕海


(ちなみにライブ当日の様子も、引き続き記録撮影は行われます。ご了承ください。)



f0054757_17483867.jpg


坂本弘道(cello,musicalsaw,electronics)http://sakamoto-hiromichi.com/
エフェクターから鉛筆削りまで用い、果てはグラインダーで火花まで出す唯一無比のチェロ奏者。2008年3月木場公園・野外特設テントにおける ソロ公演では、演奏中にチェロを燃やすという前代未聞のパフォーマンスを敢行した。「パスカルズ」などのバンド活動、遠藤ミチロウ、UA、川上未映子、荒井良二ら多種多彩なアーティストとの共演、演劇、ダンス、映画への作曲、即興を主体としたセッション及びソロ、「三文オペラ」(演出:宮本亜門 09年シアターコクーン)、コクーン歌舞伎「盟三五大切」(演出:串田和美)など舞台での生演奏、音楽ドキュメンタリー映画「WeDon't Care About Music Anyway」(09年仏)に出演等々、神出鬼没の活動を国内外で展開中。代表的音源は1999年にリリースしたソロアルバム「零式」。2011年秋公開衝撃のアニメーション映画「緑子」(監督:黒坂圭太 )では音楽監督を務め、そのサウンドトラックもまた大きな話題を呼んでいる。

Sakamoto Hiromiti (b. 1962, Hiroshima, Japan) is a cellist who plays not only the cello, but also performs using voices, musical saws, among other things. In order to pursue and broaden the possibilities of the cello, he dares to use various effects, bumping and thumping, scrubbing, and goes so far as to use an electric drill or a grinder, producing sparks. His radical yet lyrical performance are indeed an experience. Besides performing solo improvisations, he collaborates with many other musician as well as people from other genres of art, such as movie, theater, the fine art, photography, butoh, and street performance. His activities are eclectic, crossing over other boundaries. 1999, his solo works CD "zero-shiki" has been released. The groups he take part--->Pascals, Shibusa-shirazu. The musicians he played together at the past--->UA, Otomo Yoshihide, Uchihashi Kazuhisa, Haino Keiji, Lars Hollmer(from Sweden), and many others.

f0054757_17495739.jpg


松本 永(Ei Matsumoto)http://eimatsumoto.com/
照明家・空間ディレクター。東京都生まれ
合同会社Fantasista.ish.所属
演劇・ミュージカル・日本舞踊から、映画やアート作品の展示まで。単なる「見る・見られる関係」の垣根を取り払い、「時間を共にする空間づくり」を目指している。

Ei Matsumoto
Lighting designer
Born in Tokyo, Japan
Belong to Fantasista?ish.LLC
Working as lighting designer in various genre, from theatres, musicals, Japansese classical dance to movies and art exhibition.Aiming to break the border of ” The relationship between creators and audiences” and to create ”time and place where we can share”.
f0054757_1750859.jpg


石谷岳寛(いしたに たけひろ) TAKEHIRO ISHITANI http://www.facebook.com/ISHITANITAKEHIRO
1977年5月6日 東京都墨田区生まれ
早稲田大学政治経済学部卒業
大学在学中より映画美学校にて、黒沢清監督、塩田明彦監督などに学ぶ。映画、黒沢清監督『大いなる幻影」塩田明彦監督『どこまでもいこう』に参加。映画『ギプス」(塩田明彦監督)や『ソドムの市」(高橋洋)では編集も勤める。その後、長尾直樹氏に師事。映画『アルゼンチンババア」をはじめ、数々のTVCMの現場に助監督として関わる。長尾監督以外にも、鈴井貴之監督、是枝裕和監督、長澤雅彦監督などの映画やCMに助監督として参加。

現在はフリーのディレクターとして福祉や建物のドキュメンタリーを中心にPV、CMなど地域活性や産業振興をお手伝いする映像演出・製作を行う。

神田光(かんだ ひかる)https://twitter.com/#!/tujihikaru
1987年東京都江東区出身。大学在学中にヴィム・ヴェンダースに触発され、卒業後に映画美学校13期フィクション・コースに入学。脚本家高橋洋のクラスで学ぶ。在学中に制作した8mm短編「滅景」イメージ・フォーラム ヤング・パースペクティブ2011枠内で上映。商業制作、自主制作映画の現場に多数携わる。

主な参加作品
「霊界の扉 ストリート・ビュー」(古賀奏一郎監督・2011 )演出部
「コラボ・モンスターズ!」(「旧支配者のキャロル」高橋洋監督・2012)撮影部
「ウサギ」(山本草介監督・2012)助監督

f0054757_18553720.jpg


TCアルプ(てぃーしーあるぷ)http://ameblo.jp/resident-matsumoto/
2007年、演出家・串田和美氏の呼びかけにより集まった、日本各所の演劇を志す若者によるパフォーマンス集団。まつもと市民芸術館を拠点に活動している。『まつもと市民芸術館レジデントカンパニー』として活動を開始。2012年3月から『TCアルプ』に名称を変更。

メンバー :近藤隼・佐藤卓・武居学美・内藤栄一・細川貴司・神野真理亜・佐藤友・丸山港都・高橋英希・下地尚子・直原薫
f0054757_18555172.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

whíte élephant[whíte élephant]
1、白い象
2、(高く付いて)無駄な物、(不要な)持て余しもの
3、明確に失敗と分かる試み『冒険』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<white elephant>は、玉井夕海が企画する「旅と音楽のプロジェクト」です。

[PR]
by Yoomi_Tamai | 2012-05-25 17:59 | 告知

5/24(木)musica magic!! vol.2 ~「Water」リリース記念ライヴ~

f0054757_024379.jpg

大学時代からの友人でパーカショニスト・則包桜から昨年依頼をもらい、彼女がリーダーを務めるバンド<musica magic!!>のCDに歌で参加しました。そのリリース記念ライブがあります。あさってです。

・・・どうしてこういつもぎりぎりか。私は。

桜は、<Psalm>がまだ「歌を専門にしない人の集まったアカペラ合唱団」だった頃、ふらっと繋がった仲間の一人で、映画『もんしぇん』のサントラでも、その舞台となった天草・御所浦の閉町記念式典の演奏でも参加してもらいました。ここぞという時にお互い声を掛け合う、大切な友人です。

天草に住んでいた時も、下宿先に引きこもっていた私の手を引いて街に引っ張り込んでくれたのは、友人の「のっこ」と、島の子どもたちでした。いつも友人達に助けられながら、私はこの世に戻ってくるように思います。


Psalmを休止してからは基本的に一人で音楽と向き合ってきたので、こうしてたまに大勢の楽器奏者の方々と出会い共に音を奏でていると、空間に生まれたたくさんの波動が押し寄せてくるので、幸福でぼんやりします。昨日は二度目のリハーサルだったのですが、さらに増えた仲間達の中で歌いながら、思い出したゲームがひとつありました。

「ジュトンブ」(←きっとフランス語)というそのゲームは、舞台の真ん中に描かれた円の中をみんなが勝手気ままに歩いて、唐突に誰かが(もちろん自分でもよい)直立不動になり、

「ジュトーンブ!」

と叫んだまま後ろに倒れるのを、気付いた他の人たちが慌てて駆け寄ってきて支えて、地面にそっと寝かせる、という遊びなのですが、まっすぐになって倒れるというのはなかなか恐ろしくてすぐには出来ません。でも、案外誰もいないような円の隅っこで倒れても、「ジュトーンブ!」という声を聞くと、みんな全速力で走ってきてくれるし、もちろん自分もすごい勢いで走って助けにいくので、だんだんとそれぞれが調子に乗って、「ジュトーンブ!」と叫んでは倒れて助けてもらいながら、愛を確認して喜ぶ。すると、最初は緊迫していた空気が緩やかになってきて、あっちでも「ジュトーンブ!」こっちでも「ジュトーンブ!」と、ばたばた人が倒れて、最後には手が足りなくなって、誰かが頭を打つ。という事態になっていくのですが

何故かそれを思い出させてくれたリハーサルでした。
yoomi


musica magic!! vol.2
~「Water」リリース記念ライヴ~
2012年5月24日 (木) 18:30 open 19:30 start
Adv. 3,500円(1drink付) Door. 4,000円(1drink付)

@サラヴァ東京

出演:musica magic 
   則包桜(Vib.&Per.)
   山田智之(Per.)
   目木とーる(Gt.)

guest: Luz fonte(Vo.&Piano) 
    玉井夕海(Vo.) 
    長谷川久美子(Vo.&Piano) 
    高山奈帆子(Vo.) 
    TATOO(Piano)
    上地さくら(Cello)

※下記の通りご予約特別料金があります。
 下記予約フォームでお申し込みの際に、コメント欄にご記入ください。
 大学生の場合は学生証をご提示いただく場合がございます。
 ご予約いただいた方のみの適用となります。
中高大学生:1,000円(1D付き)
小学生以下:500円(1D付き)
乳幼児:FREE(D無し)
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2012-05-22 15:16 | 告知