「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

Psalm of The Sea

psalm.exblog.jp

<   2007年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

すごい!御所浦の物産インターネット販売開始!

f0054757_20265184.jpg

すごいすごいすごい!!!
とうとう始まりました!!!
ずっとずっと、こうなったらいいなと思っていました。
天草は御所浦(映画『もんしぇん』ロケ地)の物産の、ネット販売が始まりました!

島のみなさんを始め、ビオアイランドネットワークの小室君や、
私の大事な親友・またたび代表の楊英美や、
みんなで準備しているという話は聞いていたのですが
実現したんだああああ!!!すごい!!!
・・・・ああ。うれしい。

f0054757_20275222.jpg←森枝房子さん。私が下宿していたおうちのお母さん。
料理はもちろん、
掃除・洗濯・裁縫なんでも来いのスーパー母。
『もんしぇん』撮影時は、ロケ弁を作ってくれました!
御所浦町作り集団『あらよっこいしょ!』メンバー。

干物はふさこ母さんの手作りです!
すごくすごくおいしいです!

f0054757_20281987.jpg









f0054757_20542520.jpg




→黒田公生さん。
御所浦唯一の演劇人の集い?『じごろ会』の演出&脚本家。
毎年夏の夏祭りで、新作を披露する。
(玉井も住んでいた時に、出演させていただきました。
かりんも箏を弾きました)
空手がとても強くて、声がいい!歌もうまい!
同じく、御所浦町作り集団『あらよっこいしょ!』メンバー。
f0054757_2155120.jpg



f0054757_2254930.jpg
←平岡辰文さん(平岡水産)。
天然アオリイカの干物担当です!
「朝、船を出して網で魚を捕り、揚げたらすぐ加工するので、品質には自信あり」
半農半漁の平岡さん。トラックの助手席には愛犬のベン。
f0054757_2263620.jpg

f0054757_2271139.jpg
→友村峰子さん(潮風の里)。かりんとう担当です!
地域の活性化グループ代表の友村さん。物産のことに関しても、優しい目で御所浦のことを考えています。
f0054757_2274220.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

御所浦に住み始めた四年前。ある人に、
「映画なんかいらない。仕事が欲しい」
と言われたことがありました。
いらない映画なんて、作っても仕方がない、
だったら、どうしたらいいだろう、何ができるのだろう、と
何度も何度も考えて、それでもやっぱり自分に出来るのは
『もんしぇん』をなんとか作ることだけだと
必死で脚本を練っていた私達でした。
しかし、やはりこうして地元に産業が生まれるということに勝るものはありません。
本当に本当に、うれしいです!
みなさん!ぜひ食べてみてください!
そしてもし、おいしい!と思ってくださったら
御所浦に行ってみて下さい!
よろしくお願いいたします!!!
yoomi


以下、楊英美より。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さま

お世話になっております。楊英美です。

この度、熊本県唯一の離島の町、御所浦の生産者の方々が協同で
オンラインショップ「御所浦ござ市」を始めました。
開店まで、たくさんの話し合いを重ねてきました。
出したい人が誰でも商品を出せるように、公的な性格を持ったオンラインショップを目指して、
商品の質をきちんと管理し、島の環境に配慮したものしか扱わないようにしています。
私も立ち上げから商品企画など、お手伝いさせていただいています。

「御所浦ござ市」
http://www.goshoura.com/


御所浦の美味しい恵みをおすそわけ

市場に卸せない不ぞろいの魚を干物にしたもの
野生の猪から畑を守るために捕獲し、丁寧に捌いたもの
少量しか生産のない、お年寄りが作っている高菜漬け
どれも島の自然のうまみがいっぱいです

どうぞご注文ください!
また、ご意見ご感想などいただければ嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

-+-+-+-+-+-+-+-
楊 英美
Yang Yingmei
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2007-03-30 22:24 | 天草&『もんしぇん』

ライブ告知です。次は、4月12日(木)

Natural Smile #4 
2007年4月12日(木)
出演玉井夕海(Psalm)/藤原奈津美ヤカマキコ

開場 18:30/開演 19:30
チケット 前売¥2,000/当日¥2,300(1ドリンク別)
チケット発売開始 2007年3月23日(金)
発売場所グラフィティ/チケットぴあ0570-02-9999
問い合せグラフィティ03-3586-1970
主催グラフィティ
企画制作ハヤブサランディングス 03-5468-6495
グラフィティHP http://www.moz.co.jp/graffiti/

これまでも陰の助っ人がいっぱいいてくれたのですが
今回以降、アートディレクターとしてMiss.Z嬢が入ってくれることになりました。
だんだんとスタッフが増えてきて、嬉しいです・・・。

本格的には夏からになりますが、
どんどん素敵なプロジェクトに成長させていきたいと思っています。
どうぞ、お楽しみに!
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2007-03-25 01:00

◆「JET POET Vol.14」〜即興の音楽と詩の朗読の宴〜

赤坂グラフィティに私達Psalmを紹介してくださった、ロビーさんこと表純平さん主催で
こんなことやります。よかったらいらしてください。
朗読です。

◆「JET POET Vol.14」〜即興の音楽と詩の朗読の宴〜
4/2(月)@原宿JETROBOT
http://www.jetrobot.com/live_cafe_jetrobot/main.html
OPEN:8:00P.M START:8:30P.M
Charge: 1500円 +1ドリンクオーダー(500円〜)

朗読:玉井夕海(Psalm)、ケイコ、ロビー(良音聴者)、ZULU(若衆)、
        西田夏奈子他
演奏:小西徹郎(tp.)、モリシゲヤスムネ(cello)、ひら(カホーン、per.)、
        ダミ(アコースティックベース)、他

原宿JETROBOTで行われている即興音楽とポエトリーリーディングのイベント。 即興音楽に詩の朗読をのせて。言葉と音楽のコラボレーションイベントです。出演者も役者、舞踏家、ダンサー、詩人、パフォーマー他多彩。
今回はジブリ映画「千と千尋の神隠し」でリン役を努め、自ら主演、脚本、音楽をした映画「もんしぇん」も好評な玉井夕海が登場。ロシアから帰国したばかりの舞踏家・ZULUも緊急参加。
他にも様々な出演者を予定。

セカンドセットでは朗読、演奏とも飛び入り歓迎。
ジャンプイン希望の方はロビーまで。
(jetpoet@gmail.com)
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2007-03-25 00:53

1999/3/23・・・2007/3/23

Round Round and Round
f0054757_16185320.jpg

毎年、3月23日は
東京芸術大学美術学部の入試発表の日です。
学部一年生の頃から私は美術予備校で講師をやってきたので
自分が入試を終えた後も毎年、そわそわする日でありました。

大学を中退した時も、御所浦に住み込むことが決まった時も、映画の撮影が始まった時も
何度も辞める宣言をしたのに、やりながらでいいから続けてほしいと
主任の岡田先生や生徒のみんなに励まされ
なんとか続けてきた立川美術学院での講師生活でしたが
今年の3月23日、つまり昨日でそれもピリオドを打ちました。
f0054757_16342967.jpg

1999年の冬期講習から、2007年の3月23日まで。
それは私が『もんしぇん』を作りたいと言い続け
『もんしぇん』を作り終わるまでの時間が
すっぽり入る期間で
それを終えて次に向かうということは
思う以上に大きな一歩なのです。

f0054757_16344719.jpg

何もかも、存在するものは刻一刻と変化をしていきます。
だからこそここで、同じようにいつもみんなと絵を描いたり、立体を作ったりすることは
変わって行く私が、いちばん大切なものを忘れてしまいそうになった時
踏みとどまる力となりました。

ある冬の日
白菜をみつめて一枚の絵を描こうとしたとき。

いつもはすぐ食べてしまうから気付かなかった葉脈のかわいらしさを発見し
そしたら突然わくわくして
ぷくりと膨らんだ、短い毛の生えて細いその管をずっと観察していたのですが
そしたらどんどん想像は広がって、宇宙までいって、
と同時に体中の細胞が水を欲しがってわくわくして踊り出さずにはいられなくなりました。
f0054757_17241670.jpg

たとえば白菜と地球と水はつながっていて
わたしは小さくて
それでも投げ出さずに前に進もうと思える力を
私は、ここでみんなと過ごした8年の生活の中から学びました。

タチビ講師に誘ってくれたあきちゃん
タチビの生徒だったみんな
同僚だったまみくん
タチビの他の科の先生方、事務の方、学院長、
そして、主任の岡田先生。

ありがとうございました。

f0054757_16284971.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追伸

建築科時代の後輩が現在お世話になっている、「藤村龍至」という建築家の方が
展示を開催されています。
その記念に<round aboutjournal>というフリーペーパーが発刊されました。
私も「水の家」という文章を、寄稿しています。
本が欲しい!という方は、現地で無料配布しております。
よろしかったら。

「藤村龍至」
2007/3/17(土)〜5/6(日)、close5/3(木)〜5/5(土)
場所 プリズミック・ギャラリー(外苑前駅徒歩10分)
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2007-03-24 16:21

ANGELS IN AMERICA 初日舞台を観て。

それはまるで、閃光のようでした。

f0054757_1162175.jpg

TPT60 
エンジェルス・イン・アメリカ
ー国家的テーマについてのゲイ・ファンタジアー
Part 1:ミレニアム Part2:ペレストロイカ
2007年3月20日(火) - 4月8日(日) ベニサン・ピット

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TPTというプロジェクトを知ったのは、昨年春。『もんしぇん』を撮り終え、さて、ここから先どんな風に歩いて行こう・・・と途方に暮れていた私に「まずはいろんな人と出会い、玉井夕海という人物がいることを、もっと多くの人に知らせなさい」と、ユマニテ社長の畠中鈴子氏に助言され、ワークショップへの参加を勧められたことがきっかけでした。

それまで私の興味はほとんど、天草の人間や土地そのものにあったので
既成の演劇や映画や音楽を観に行ったり聞きに行ったりということが
何故か、あまり出来ませんでした。体があまりそれを欲さなかったのです。
だから、世間の流れがどうということと比較して、TPTのことや
そこで行われる芝居について語ることは出来ませんが
それでも分かるのは
ぶっ通し七時間のお芝居を、商業演劇として、
現代日本の墨田区は両国の元染色工場跡地劇場でやる
ということは
すごい覚悟とすごい自信がある証拠だ
ということです。

「エンジェルス・イン・アメリカ」という戯曲は
ユダヤ系アメリカ人でゲイの劇作家トニー・クシュナーが書いた作品で
1991年に第一部
1992年に第二部が
発表されました。

数々の賞にも輝き、多方面から多くの支持を得ていることは
以前から知ってはいたのですが
数年前に日本で上演されたときも結局観には行きませんでした。
お芝居を観に行くという行為は、やっている方が思う程軽いものでは
・・・特に日本では、なく
今回ようやく「ワークショップでお世話になった演出家が演出する」というきっかけで
観に行きました。
(これからは、もっともっと意識的になるようにがんばります)

観る前から一番気になっていたのは、7時間という、
その上演時間の長さでした。

歌舞伎・文楽などはともかく
近代のものは、お芝居も映画も長くて3時間が相場です。
ところが今回の「エンジェルス・イン・アメリカ」再演にあたっては
第一部・第二部両方を続けて上演されたため
3時間半+3時間半の、大長編劇になってしまったのです。

実際は、90分終わるごとに15〜10分の休憩が入ったので
そんなにぶっ通しではなかったのですが
それでも、観る側演じる側共に、戦いにはちがいありません。
一体どんなことになるんだ・・・と思ったのですが
それはまるで「一瞬の光のよう」でした。

突然話は飛ぶようですが
人は、ある長さを超えると
それが瞬間の感覚と等しくなるのではないかと思うのです。

そして大事なものだけが残る。


ふと振り返って思い出すのは、たった一人の笑顔であったり
ふと吹いて来た風の温度だったりする。
だったら、いっそ人生なんて一瞬でいいじゃないか と
言いたくなったりもするけれどでも
どんなに思い出せなくても、積み重なった時間があってこその
いとおしい一瞬の光だ
ということ

そんなことに気付かせてくれる舞台でした。

そして、役者の立場で考えて付け加えるなら
「・・・とあんたは言うが、俺らはともかく実際毎日7時間走ってんだよ!」
という恐るべき事実です。本当にすごい。
あまりに長いマラソンなので、
走っているご本人たちもきっと意味不明になることがあるだろうと思います。
だからこそ、7時間のうちにそれぞれが生き生きとしてくるのが見えるのです。

そういう意味で
これはフィクションでなく
ドキュメンタリーと言ってもよいでしょう。

HIV、人種差別、政治、セクシュアリティ、多宗教
近代アメリカの抱えて来た多くの問題がこれでもかこれでもかと語られ
観る側、演じる側、共に呆然とする瞬間もありながら
けれども、何度も台詞を語り、耳にする度にそれが自分の問題と変わって行く。
演劇の力とはそういうものなのかもしれません。

私が観たのは初日で、まだまだ手探りの部分も多かったですが
きっと刻々と変化していくにちがいありません。
7時間という時間を用意するのはなかなか難しいですが
出来ることならぜひ、一部と二部を続けて体験してみていただきたいです。

スピーディな空間演出と音の迫力も大きな魅力で
あっという間に終わってしまいました。
心地よい疲労と共に。

yoomi


全席指定◎一般/5,000円 学生/3,000円(TPTのみ取扱い)
Part1&Part2通し特別観劇料金/9,000円(同じお日にちの昼夜でご観劇の場合のみ)

TPT電話予約 03-3635-6355
TPTオンラインチケット
(PC) http://www.tpt.co.jp/  (携帯) http://www.tpt.co.jp/m/

イープラス http://eplus.jp/tpt/(PC・携帯)
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:35383)
                      0570-000-777(オペレーター対応)
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:375−378)
                 0570-02-9988(オペレーター対応)
@電子チケットぴあ  http://pia.jp/t/
楽天チケット   http://ticket.rakuten.co.jp/

お問合せ TPT(シアタープロジェクト・東京)http://www.tpt.co.jp
電話番号:03-3635-6355
135-0007 東京都江東区新大橋2-17-12 ベニサン・ピット
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2007-03-23 03:58

復活祭!

f0054757_2172071.jpg

f0054757_2173211.jpg

f0054757_2174399.jpg

すごい!
3000人ってすごい!
ひゃー!

あまりのめでたさに体中どこもかしこもぼうっとして
触れる地球」の存在にも気付かず、触れもせず、帰って来てしまいました。

西暦二〇〇七「金豚」年、三月十七日之事。

ちなみに関東では18日からsuicaとパスネットが繋がり
バスもJRも地下鉄も全部、一枚のカードで乗り降り出来るようになりました。

お金という概念がこんなに変わっていった時代って
遡ったらどこまで遡るんだろうか。

(写真を撮った人・momo)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・東京環境会議

・地球大学

・大手町カフェ
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2007-03-19 02:53

「海が見えた」

f0054757_2281851.jpg

↑<Ashes and Snow>より

このごろ、唄を聞いて下さったお客さんから
そう言われることが増えました。

それは
天草の海に感じたものを何とか他の人にも伝えたかった私としては
最上級の褒め言葉であり また
崩れそうになる自信を支えて
もう少しここで頑張ってみたら、と踏み留まる力にもなっています。


「・・・うん、そう。海が見えたんです」

3月13日、赤坂グラフィティで四回目のソロライブをした後にも
その二つ目の対バン相手だったバンドの、メロディオン奏者の方が
少し興奮気味にそんな感想を伝えて下さいました。

(※<対バン>とは、幾つかのバンドが一緒に組んでライブをすることです)

「それも・・・なんだろう。あれは・・・」
とメロディオンさん(仮)は、うんうん唸って考えて突然、
「わかった!ホタルイカ漁の時の海だ!」
と、叫びました。

彼女は富山県の出身で
富山の海沿いの町に生まれたのだけれど
私の歌う唄の向こうに、その富山の故郷の
ホタルイカを捕りに暗い中、浜辺から滑り出した漁船が出掛けて行く海が見えたのだと、
目を輝かせながら教えてくださいました。

私は富山の海を見たことはないのですが
その光景を思い浮かべると確かに私が天草に感じたものと同質の気配があり
ああ、それはなんて嬉しい感想なんだろう・・・と思いました。

そうしたらその後もまた別の人に
海が見える と言われ
そしてまた別の人にも
海が見えた と言われ

・・・それは本当に嬉しいことだなあと思いました。

詩人・工藤直子さんの童話<ともだちは海のにおい>という本の中に
「ひとはみな、心の中に、海をひとつ、持っている」
という詩の一節がありますが、きっとそうなんだ。

そうにちがいありません。
かくしんしました。
f0054757_2323078.jpg

[PR]
by Yoomi_Tamai | 2007-03-17 02:38 | Psalm

メーヴェを作ってしまった人

ネットを検索していたら、見つけました。
今日(3月11日)まで新宿オペラシティにて
展示がやっているそうです。
そんな飛行機があると噂には聞いていたのですが、出来ていたんですね。うはー!

やあ・・・
重力に反するって、やっぱりとんでもなく
わくわくするなあ・・・

Open Sky2.0
f0054757_2253050.jpg

[PR]
by Yoomi_Tamai | 2007-03-11 02:28

2007年3月13日の、ライブat赤坂グラフィティ

f0054757_2015969.jpg

↑サントラ録音の、ある風景。髪の毛がまだ長かったです。栗原市民ホールにて。

“Natural Smile #3”
玉井夕海(Psalm)/EmiLy/Jessica
開場 18:30/開演 19:30
前売 ¥2,000/当日 ¥2,300(1DRINK 別)
チケット : ぴあ(発売中)

一人で歌うのも、4回目になりました。
「だんだんお客さんも増えて来たし、後は曲が増えるといいねえ」と
赤坂グラフィティのボス・荒さんにも言われているのですが
すいません。映画作りながら音楽作っていたので
まだ、曲はあまりたくさんありません。

でも少しづつクオリティは上げながら、
その日その時にしか出来ないことを盛り込んでやっていこうと思ってますので
ぜひ、一回でも多く足を運んでいただけたらうれしいです。
今回も素敵な時間を作れますように。がんばります。

・・・さて、それとはまた別の話ですが
今日から御所浦の定期船が三つ、廃線になってしまうと聞きました。

どうしたらいいのかわかりません。

わからないので、前に進みます。

f0054757_2014841.jpg

f0054757_20142347.jpg

f0054757_20143944.jpg

↑昨年、御所浦港。
閉町記念式典から帰る、松尾嘉子さん(バイオリン、ちい役)と大澤史郎さん(ビオラ)焼き芋屋・なおきさん。
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2007-03-01 20:17 | Psalm