「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

Psalm of The Sea

psalm.exblog.jp

<   2006年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

間間間(さんけんま)にて。

f0054757_23342983.jpg

8月1日より『もんしぇんの世界展』を軸にして、同時進行で様々なワークショップを行ってきた間間間(さんけんま)でのもんしぇんプロジェクト。
今日の御報告その一、「れんがプロジェクト」の様子↓
f0054757_23351365.jpg
f0054757_23355150.jpg
f0054757_23363543.jpg

f0054757_2337955.jpg


さや。(れんがプロジェクト首謀者1)

f0054757_23385725.jpg


なおちゃん。(れんがプロジェクト首謀者2)

f0054757_23405891.jpg

↑いのうえくん。(れんが参加者にして、もんしぇんプロジェクトデザイナー)

f0054757_23423928.jpg


その横の土間では談話中。
f0054757_23442559.jpg

どんどん人が集まってきます。
f0054757_2345488.jpg

移動式豆本図書館<ぶつぶつ堂>開店中。
f0054757_23462116.jpg
f0054757_2347070.jpg
f0054757_23473244.jpg
f0054757_23475897.jpg
f0054757_23483021.jpg


村山華子ちゃん(ぶつぶつ堂代表。アーティスト)
f0054757_23495100.jpg


数日前に『もんしぇんの世界展』を訪れたお客さんが、たまたまパティシエさんで
この日、オートバイに乗って差し入れてくださいました。
お客さんも一緒に、みんなで分けて食べました。
ごちそうさまでした!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆『もんしぇんの世界展』は、明日30日まで。(引き続き若干の展示は残します)
『もんしぇん』のメイキング映像、御所浦閉町式典用歴史映像<過去から未来へ>、
海津研作のイメージスケッチや絵コンテ、ロケハン資料や、㊙写真も見れます。

☆『れんがプロジェクト』は、明日30日がサークショップ最終。(れんが作れます)
  9/11(月)12(火)13(水)は、れんが塀展示。

☆ぶつぶつ堂は、一日限りのイベントでした。村山華子さん、ありがとうございました!
  またのお越しをお待ちしております。

・・・不思議と人が集まって来る、間間間。
ここで随分たくさんの方々と出会いました。
今ではスタッフの間でも
「じゃあ、間間間で」が、合い言葉のようになっています。

映画『もんしぇん』上映館、一角座から歩いて8分くらいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
間間間(さんけんま) 東京都台東区谷中5-2-29
11:00〜19:00 木、金休み 土日は喫茶営業のため一部展示

f0054757_0453244.jpg


長谷川明弘(もんしぇんプロジェクト代表。regista社長
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2006-08-30 00:18

人形の夢

私はよく、怖い夢を見ます。
このごろよく見るのは、おじさんの顔をした人形の首が転がっていて
それを拾う夢なのですが

人形って、なんなんでしょう。
なぜ人は、人形を作るのでしょう。

ake→北井あけみ
miya→黒谷都

この二人は師弟関係で、私が初めに出会ったのは
弟子の北井あけみさんの方でした。
「マーヤ」というあだ名を持つこの女性はとても小柄で不思議な人で
私たちは、一緒に中国憲法に通ったり
(二人とも公演が近くなるとさぽってばかりですが)
お洋服のお下がりをもらったりする
(私が、マーヤさんからもらいます。かわいいのです!)
仲です。

一番最初は、私のひとめぼれから始まりました。

川内倫子さん という写真家の方の、写真展にお邪魔したとき
その魅力的な作品群の仲に一点、ちいさな人形の首が転がっている写真がありました。
本当にただ、小さな首なのですが
静かで、冷たくて、幼くて
そのとき私は「ああ、この人と一緒に仕事をしたい」と思い
当時から川内さんの友人だった海津研から
北井あけみ という女性の存在を聞いて
その人に会いに、劇場に向かいました。

公演を見て、やっぱりこの人と仕事をしたい、と思った私は
その日初めて出会った人にも関わらず
「あなたと一緒にお仕事がしたいのです。」とお願いをして
人形劇を一つ作って共演していただきました。

当時、御所浦住み込み生活から引き上げてきたばかりの私は
ぐちゃぐちゃになった全てを整理するため
『もんしぇん』の原点のような寸劇を作ろうと思っていました。
そんな時に、マーヤさんと出会ったのです。

・・・それがご縁で、『もんしぇん』の中では
はる(玉井)の作っている、通称:はる人形 の原型の制作をお願いすることになりました。
(マーヤさんの造る人形はどこか玉井の顔と似ている、と言われていたからです)

その、マーヤさんが本格的に芝居を始めたきっかけが
黒谷都 という 人形遣との出会いでした。

本物 の定義は何なのか、私はよくわかりませんが
黒谷さんもそのうちのお一人で
どんなもの・・・それが「人形」という形を取っていないものでさえ
それを使って彼女は異空間を作り上げ、共に舞うことの出来る不思議なアーティストです。
けして多くの舞台は踏まず、一つ、一つ、力を込めて大切に作品を発表してきた方で
私は北井さんから紹介されて黒谷芝居を目撃しましたが
それは、目撃という言葉がふさわしい舞台でした。

北井あけみ というアーティストが師と仰ぐ彼女とともに
時間をかけて
教え、教わるという関係から、またさらにパートナーとしての関係を築き上げ
生まれたユニット「ake_miya」。

その『ake_miya』による公演が
先日、もんしぇんプロジェクトプロデュースにて行われました。
(写真を撮ろうと思いましたのに、すっかり普通の観客になってしまって、撮るのを忘れてしまいました・・・ごめんなさい)

一回目は上野動物園入り口の手前にある、
大きな桜の木の下で。

ひっきりなしに通り過ぎて行く人の目が
木の根元で準備する人形隊に行き、足が止まるたび
すっとチラシを差し出し、すかざず宣伝。
だんだん集まっていく群衆の間を、鳩が飛んで行きます。
大きな円。緑の森。

二回目は一角座の小屋の中で。

しんと静まり返った黒い空間の中に
スポットライトに照らされた場所が浮かび上がり
人の顔をした鳥人形が生まれ、舞い上がります。
小屋に響き渡る低い弦楽器のオーケストレーションが、鳥人間の飛翔を
怪しく、ダイナミックに見せます。

同じ演目なのに、
空間の違いによってこれほどまでに変貌するとは
・・・と、終わってから演者のみなさんが感嘆しておりましたが

 XYZの掛け算でいろんな物事は「唯一無二」な存在になるはずだ、という想いで
ここまで様々な場所で『もんしぇん』の上映やプロジェクトをやってきた私たちスタッフにとって
新たに感慨の深いイベントとなりました。

来る9/2(土)七時半〜
六本木ストライプハウスにて、「SHUN-INN」という公演があります。
ぜひ、<目撃>してください。
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2006-08-27 12:12

伝える力。

誰かに何かを伝えることは
とても骨が折れます。

わたしはどうもこのところ
(たぶん 映画が完成してから今日まで)
自分でも気付いていなかったのですが
えらく疲れて、なんとなくへこたれていたようです。

よし!

・・・と何度立ち上がっても、
力を使い果たしてしまったのかなんなのか
ぼんやりして
へなへなその場にしゃがみこんで、次に立ち上がるまで時間がかかる
そんなふうでした。

「いつか天草という土地で、映画が作りたいのです」

この13年。
一体何度、私は同じ言葉を繰り返したことでしょう。
自分でもしつこいなあと感心します。

百回願いを書いたら叶う
かどうかは分かりませんが

何度も同じことを唱えるうちに
その言葉の持つ色が複雑に分裂して化学反応を起こし
新しい何かをもたらすことは、よくありました。

大事なことは、その、もたらされた新しい「何か」を
その度にしっかり掴まえて
また分裂させてさらに新しいものに変わって行く様を見逃さないこと
なのかもしれません。

とにかく、そんなことを続けていたら
いつのまにか、本物の魔法が生まれました。

本物の魔法って、なんだ!

・・・なんだろう。

わからないけれど、とにかく
今、また
何かが起きようとしています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ほんのわずかな、兆しの一部。

・海津研ブログが、 livedoorから申し出により公式ブログになる。

・2006年8月19日(土)朝日新聞より
↑日本初バリアフリーインターネット配信のプロトタイプとして『もんしぇん』!
一角座での上映開始と同時に同値段で、映画の配信開始!という話が、朝日新聞始め経済誌各紙で話題に。

・ぴあ (8月24日発売号)映画満足度ランキング

・yahoo!映画より、レビュー。8月25日現在までに集まったもの。

・「三木茂夫の会」メール会報より。

ぴあ!今週のエンタメ より


映画『もんしぇん』主題歌<脈動変光星>
mF247にて先週60位→2006年8月25日現在、総合6位。


ダウンロード数が増えて行って、一人でも多くの方が映画を観に来て下さいますように。
もしよろしかったら、ご友人、ご家族にもどんどんご紹介下さい。
よろしくお願いいたします!
ダウンロードは無料です!

・・・・・・・・・もんしぇんプロジェクトの成果、一部御報告。
(※一部友人達のブログからリンクを張ったものもありますが、あくまでも、それぞれの状況下においてのルポタージュ資料として、ご紹介いたしました)

・もんしぇんプロジェクトホームページ(現在工事中)

・<喫茶めめ ブログ>より、市田邸試写会とご飯会の様子。

・クラシックピアニスト萬谷衣里さんの<萬華鏡blog>より、東京藝大試写会の様子。

・tansei netより、間間間(さんげんま)「もんしぇんの世界展」記事。
↑「もんしぇんの世界展」は、8/30までの開催です。

・<kai-wai散策>より、千駄木・光源寺Psalmライブの様子。

・KDDIスタジオでの、記念イベント用ホームページ

〜現在、google・yahoo!等での「もんしぇん」検索数は、毎日数万単位で伸びている。〜

・・・・・・・・次回の、もんしぇんプロジェクト 「ake_miya」  
映画『もんしぇん』の公開に合わせ、上野近辺で様々な催しがあります。
今週末に行われるのは、はる(玉井)が劇中で顔を描いている土人形(通称:はる人形)の原型を制作してくださった人形遣い・北井あけみさんと、そのお師匠・黒川都さんのユニット「ake_miya」 による人形劇。

8/26(土)12:00〜12:40 上野恩寵公園・小松宮像前
15:20〜16:00 一角座(国立博物館内)
出演*黒谷都・北井あけみ・辻桃江・塚田次実

今回は「メモラビリア」というオリジナル芝居の 終章のみを、大道バージョンで少し変化させた形で披露していただきます。 上野公園では大道パフォーマンス(雨天中止) 一角座は「もんしぇん」終演後に館内で。 映画の半券お持ちの方ならどなたでも御覧になれます。
どうぞこの機会、お見逃しなく。
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2006-08-25 00:02

17歳 American boy's 『もんしぇん』レビュー。

f0054757_2251878.gif


ライブのご報告もまだですね。
なかなか更新出来なくて、ごめんなさい
MASAさんというアーティストに撮っていただいた、すてきな写真がいっぱいあるのです。
一角座で店番中にでも書きますので待っててくださいね。
(たぶん、私たちスタッフは上映期間中、かなりの確率で一角座周辺で働いています。
 アートプロジェクトだのなんだの、毎日盛りだくさんな『もんしぇん』なのです)

このごろにわかに取材のお申し込みをいただき、あちこち飛び回っています。

昨日は、J-WAVE  <RENDEZ-VOUS>という番組の中の
「INNER SKETCHES:DJ千葉大樹さん」

Nack5<アフター5:DJケイザブローさん&佐藤多恵さん>という番組にお招きいただきました。

今晩も、ついさっきFMヨコハマにて
<DANCING GROOVE!:DJ今泉恵子さん>
を放送されましたが、こちらにもひょんな繋がりで
呼んでいただくことが出来ました。

・・・だんだん公共の電波から『もんしぇん』の話題と
そして おまけに
もんしぇんエンディングテーマ曲<脈動変光星>が流れ始めています。

(一番始めは、福岡LOVEFM・ロバートハリスさんの<ELAN VITAL>
次が、FMヨコハマ・小山薫堂さんの でした。
※<脈動変光星>は、mF247にて絶賛無料配信中です。
どんどんダウンロードして聞いていただけたら、嬉しいです


テレビのない家で育った私にとって、ラジオの存在は特別です。
電気の波に乗って だんだんみなさんの元に、もんしぇんが届いて行くことは
ほんとうに嬉しいです。
少しずつ、少しずつ、遠くから波が寄せて来ますように。


とはいえ・・・あああ。

いよいよ

いよいよ

あと三日で、一角座公開スタートです。
今日は何やら静かな風が吹いていて
遠くから、神宮球場の花火の音が届きました。

ああ、夏が終わる・・どうしよう『もんしぇん』・・・
どうなるんだろう『もんしぇん』・・・

頭を抱える私の横で、友人達は
「大丈夫!今日もチケット売って来たよ!」
「大丈夫!ちゃんと僕らが助けにいくから!」
と、背中を叩いてくれます。

・・・ありがとう。
みんなで、がんばります。

どうなることやら もう わたしは 頭も心もぼんやりしていて
何がなんだかさっぱりわかりませんが
ぼんやりしている私の横で
『もんしぇん』を見たあるアメリカ人の少年が
日本を訪れた外国の方々に向けて、レビューを書いてくれました。

『もんしぇん』の応援をするため・・・だけでは、もちろんないけれど
高校生最後の大事な夏休みを費やしてこの時期
数年ぶりに日本を訪れてくれた彼の体には
日本の血も流れています。

まったくの「ガイコクジン」ではなく、でも「ニホンジン」でもなく
そんな彼の見た、もんしぇん。

(ちなみに8月7日.日本に着いた彼は、
 Psalmライブに来た晩のうちに箏弾き・かりんの車に乗って、天草に直行しました。
 12歳離れた巳年生まれのこの少年。実は私の従兄弟です)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

What really caught my eye in this film was how the creators were able to capture the beautiful scenery in such an appealing manner. The movie is slow paced with little dialogue and has a very magical allure. The magical allure is brought to life through the odd but charming characters and the constant theme of green that appears throughout the film. The movie is rich with Japanese culture and places foreigners in a world that is completely alien to them. The movie pays close attention to details and leaves you wondering after you leave the theater. Overall, “Isle” is a work of art that is both alluring and smart. You haven’t experienced Japan until you’ve seen “Isle.

~Max Olson
17 year old film critic
Bainbridge Is. WA

※『もんしぇん』の英語題は、”Isle"と言います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我々スタッフは、明日一角座に搬入です。
マックスもお手伝いです。
yoomi
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2006-08-17 03:48

8/12(土)『 もんしぇん』公開記念イベント@原宿KDDIデザイニングスタジオ

うおおお!
ライブの御報告もまだのうちに、次のイベントです!
いろいろちょっとづつ、御報告・・・出来るのかな。
なんだか(いつものことですが)
ばたばたです。
取り急ぎ、明日の告知です!
まったくもっていつも直前でごめんなさい!

玉井・山本・海津が、まだシグロとも出会っていなかった頃。

大学時代からの友人だった阿井大典さんが発案・企画してくださって
この度、めでたく!開催の運びとなりました。

なにがなんだかわからないくらい、いつも猛烈に忙しい阿井くんなのに
HPコンペに応募してくれたり
試写会にも足を運んでくれたり
さらにはなんと、天草での上映会にも飛んで来て取材してくれたり
(・・・ありがとう。)

そして今回も、こんなことを企画してくれました。
わくわくするイベントに、なりますように。

私たちPsalmも、かりんと私の少人数編成で
ちょっぴりライブしますよー!
yoomi
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
8/12(土))映画「もんしぇん」公開記念イベント   
〜映画を公開するまでの道のり〜@原宿KDDIデザイニングスタジオ 

このイベントは女性総合誌chouchou.jpの携帯サイトでも取り上げられています!〜
       キャリア共通携帯サイト http://chouchou.jp


┏━┳━━━━━━━━━━━┓
┃◆┃トーク&ライブの魅力 
┗━┻━━━━━━━━━━━┛
映画の世界観をより深める"不思議な存在感"。初作品にいたる道のり、映画の舞台
裏を中心に、監督の意図、役者の胸中にせまります。司会・コメンテータに坂井滋
和(早稲田大学教授)、安藤紘平(早稲田大学教授・映像作家)を迎えてトークシ
ョーを開催します。また映画「もんしぇん」のテーマソングをPsalm の奏でるメロ
ディーの生ライブで魅了します!

┏━┳━━━━━━━━━━━┓
┃◆┃当日の概要 
┗━┻━━━━━━━━━━━┛
日程:2006年8月12日(土)13:00〜16:00
会場:KDDIデザイニングスタジオin原宿 http://www.kds.kddi.com/
参加費無料:申込先 http://www.trend.sakura.ne.jp/monshen/

       ゲスト:山本草介 映画「もんしぇん」監督
           玉井夕海 映画「もんしぇん」主演女優
司会&コメンテータ:坂井 滋和(早稲田大学教授)
             安藤 紘平(早稲田大学教授)
     発起人代表:阿井 大典

当日はauのWIN端末(一部を除く)での視聴ならトーク&ライブをなんと生中継
http://www.kds.kddi.com/
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2006-08-11 19:31