ブログトップ

Psalm of The Sea

psalm.exblog.jp

カテゴリ:Psalm( 80 )

『亡念のザムド』4/15より、テレビ放送決定。

ということを今日知りました。
もうすぐだ!

よかった。テレビなら天草のみんなにも見てもらえる・・・と思ったけど
見れるのかな。

おっかない女船長をやらせていただきました。

『亡念のザムド』
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2009-04-04 01:48 | Psalm

日替わりなので観に来て下さい。残りあと二公演。

f0054757_15394115.jpg

今日と明日で、もう早くも千秋楽です。
五日間の短い公演ですからね。
今回、非常に音楽的な芝居なので、グルーブ感によってとても変わります。
また私自身、演じている侠香という人の感じ方が毎日異なるので
その日ごとに表出する性格が異なります。
自分そのものを実人生で生きていてもいろんな人格に出会いますから
それはごく自然なことだとは思いますが
とくに今回は、その触れ幅が大きいので、リピーターも大歓迎です。
二回目の御観覧は、2000円になるそうです!

女優は、作品に育てられて、だんだんといい女に成長して行くもの
だそうですが
かりんも私も今回、女性としてはたいへん勉強させていただきました。
しかも、演技することもだんだんおもしろくなってきてしまいました。
わはは。どうなっていくんだろう。我々。

しばらくPsalmでの東京公演は予定しておりません。
また、この公演以降はしばらく創作に入りますので
もしよろしかったらぜひとも足をお運び下さい。
iwato、すてきな地場を持った場所です。

冬眠前のPsalmより。

2008年・12月3日(水) → 7日(日)
3日(水)/4日(木)/5日(金)──19時開演 
6日(土)/7日(日)──15時開演
開場は30分前 100席 自由席
入場料3800円(学生2000円)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演:
堀井政宏(東京大根三分茶漬)
玉井夕海(Psalm)
かりん(Psalm)
入口夕布
光田圭亮
山本健治
植田愛子
滝本直子 
片岡哲也
小篠一成
戯作:稲津真
音楽・パーカッション演奏:関根真理(渋さ知らズオーケストラ)
演出:河内哲二郎
美術・宣伝デザイン:片山中藏
舞台監督:森下紀彦
音響:島猛
照明:高円敦美
制作:シアターイワト
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2008-12-06 09:09 | Psalm

シアターiwato小屋番夫妻。

f0054757_226409.jpg

左・平野きみこさん、右・平野甲賀さん。

『明治百話』を上演する小屋、シアターiwatoの小屋番夫妻です。
大きな眼差しで見守ってくださっています。

イワトのブログ

きみこさんはほとんど毎日稽古場に顔を出してくださるみんなのお母さんのような方で
今日も、私と私の母役の入口夕布さんとの自主稽古に
ちくちくと縫い物をしながら、ずっと付き合ってくださいました。
f0054757_504232.jpg

↑入口夕布さん。本当に心のやさしい女の子。
 名前の一文字が一緒なので、キャスト表を見た時から気になっていた人でした。

役者達が育っていくことを、本気で楽んでいらっしゃるのでしょう。
きみこさんの目が、きらきらと輝きと厳しさをもってみつめているのを感じ
こちらもつい集中力が増してしまい、気付くとあっという間に一時間二時間経ってしまいます。

今回の衣装になる着物も、なんと全部
ふた月前からあちこちのフリーマーケットや古着屋さんを歩き回ってくださった
きみこさんの戦利品。

私の着物だけは、ご友人のお母様がお召しになっていたという
大正時代のものなのですが
これがまた繊細な布で、壊れそうなので稽古ではあまり着ないようにしています。

毎日着物や浴衣を着て動くということはこの人生において初めてで
けれども、記憶の中の祖父や
祖父の膝の上でみていた時代劇の登場人物や
連綿と続いて来たDNAの御蔭で
思っていたよりもすうっとこの状況に慣れました。
立ち居振る舞いは、まだまだまだまだ美しさにはほど遠いですが。

f0054757_5202194.jpg

↑左は、わたしが小学生の時、初めて出会った平野甲賀さんの本。
 右は、最近出会った、同じく甲賀さん装丁の黒テントの歴史について語られた本。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0054757_15394115.jpg


2008年・12月3日(水) → 7日(日)
3日(水)/4日(木)/5日(金)──19時開演 
6日(土)/7日(日)──15時開演
開場は30分前 100席 自由席
入場料3800円(学生2000円)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演:
堀井政宏(東京大根三分茶漬)
玉井夕海(Psalm)
かりん(Psalm)
入口夕布
光田圭亮
山本健治
植田愛子
滝本直子 
片岡哲也
小篠一成
戯作:稲津真
音楽・パーカッション演奏:関根真理(渋さ知らズオーケストラ)
演出:河内哲二郎
美術・宣伝デザイン:片山中藏
舞台監督:森下紀彦
音響:島猛
照明:高円敦美
制作:シアターイワト
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2008-11-23 02:49 | Psalm

明日は楽器を劇場に持ち込んで練習するらしい。

近頃マメにブログを更新している自分に、感心。感心。
この調子で、これからもたくさん報告をしていけたらいいなあ。

というわけで これは・・・ええと、11月13日の様子です。

f0054757_10106.jpg


『明治百話』の音楽担当・関根真理さんの仕事道具。
これらの楽器を使って、劇中の様々な物音やリズムを刻んでくださいます。
関根さんは、渋さ知らズオーケストラのメンバーの一人で
熊の毛皮のようなチョッキを着て稽古をなさっています。


f0054757_103416.jpg


明治時代と現代の東京湾付近地図を見比べている、綱太郎役・堀井正宏さん。隣の箏はかりんの。
東京大根三分茶漬 という名前のコントグループ?の芸人さんで
玉井が演じます坂東侠香と、ちょっとした恋を匂わせる相手です。
ちゃんと観客をどきどきさせられるかなあ、私たち。

f0054757_1045100.jpg


右手に綱太郎。
真ん中の毛皮のチョッキのピンクのお姉さんが関根さんです。
その両脇はかりんと河内さん。

ちなみに、下のはブログメッセージ欄に届いていた河内さんからの
11月12日記事の訂正であります。

ぎゃー!ごめんなさい。記憶は書き換えられてました・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
訂正~

1.熊本時代じゃなくて宮崎時代ですね。
2.新宿バッタリ事件は去年じゃなくて、今年の春ごろですね。日仏でのライブのちょっと前でした。
3.ですので、パーカーじゃなくて、ブルーの長袖Tシャツだった。夕海さんと会ったその後に、アルタの1階の帽子屋で新しい帽子を買いました。

続き、もぜひ書いて下さいね~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というわけで、そろそろ河内さんの続きと北海道も書こうかな。



f0054757_15394115.jpg


2008年・12月3日(水) → 7日(日)
3日(水)/4日(木)/5日(金)──19時開演 
6日(土)/7日(日)──15時開演
開場は30分前 100席 自由席
入場料3800円(学生2000円)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演:
堀井政宏(東京大根三分茶漬)
玉井夕海(Psalm)
かりん(Psalm)
入口夕布
光田圭亮
山本健治
植田愛子
滝本直子 
片岡哲也
小篠一成
戯作:稲津真
音楽・パーカッション演奏:関根真理(渋さ知らズオーケストラ)
演出:河内哲二郎
美術・宣伝デザイン:片山中藏
舞台監督:森下紀彦
音響:島猛
照明:高円敦美
制作:シアターイワト

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご予約/お問い合わせ
・メール haru@jazz.email.ne.jp
・電話 080-5452-3165(平野公子)
ご予約いただき、当日お名前を伺い、受付清算となります。
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2008-11-18 01:32 | Psalm

おやつと稽古場

f0054757_1334925.jpg


毎日おやつを記録しようと思ったけれど
おまえたちはこんなに食ってるのか!とあきれられそうなので、やめました・・・。
この日は、お寿司と柿と神楽坂名物ぺこちゃん焼き。
最初は小屋からの差し入れをいただいてばかりだったのですが
だんだんみんな持って来るようになって、加速中。ほとんど晩ご飯です。

今回は、なんだかのんびりとやっているので記録する余裕も出て来ましたな。私。
(それより台詞覚えてね)


f0054757_13342399.jpg

(後ろは、河内さんと、侠香の母/おとせ役の入口夕布さん。)


ペコちゃん焼きは、日本で唯一神楽坂だけ!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0054757_15394115.jpg


2008年・12月3日(水) → 7日(日)
3日(水)/4日(木)/5日(金)──19時開演 
6日(土)/7日(日)──15時開演
開場は30分前 100席 自由席
入場料3800円(学生2000円)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演:
堀井政宏(東京大根三分茶漬)
玉井夕海(Psalm)
かりん(Psalm)
入口夕布
光田圭亮
山本健治
植田愛子
滝本直子 
片岡哲也
小篠一成
戯作:稲津真
音楽・パーカッション演奏:関根真理(渋さ知らズオーケストラ)
演出:河内哲二郎
美術・宣伝デザイン:片山中藏
舞台監督:森下紀彦
音響:島猛
照明:高円敦美
制作:シアターイワト

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご予約/お問い合わせ
・メール haru@jazz.email.ne.jp
・電話 080-5452-3165(平野公子)
ご予約いただき、当日お名前を伺い、受付清算となります。
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2008-11-15 13:42 | Psalm

『明治百話』の演出家・河内哲二郎さんと、わたし。

f0054757_1456203.jpg


写真は、12月に出演することになりました
『明治百話』の演出家・河内哲二郎さんであります。
彼はシアターiwatoの小屋番もやっていて(プロデューサー?)
ブログも書いてます。
手に持っているのは、共演する黒テントの役者さんたちが
『テッポー玉』の旅公演先で買って来て下さった
お土産のうなぎパイとうなぎチーズケーキとお茶サブレ。
※ちなみに静岡で公演はしていません。

その左奥にいるのは共演者で黒テント役者の滝本直子さん。
とってもおもしろいしゃべりかたをする、キュートな女の子。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

稽古期間がひと月しかないので、さあどたばただぞ
と思っていたのですが
意外と稽古場はのんびり、楽しくやっていて(おやつばっかり食べていて)
だいじょうぶかな、わたし。ま、でも、いいか。

これまで大所帯芝居ばかりで、30人くらいの中であたふたしていたので、
今回役者10人しかいないっていうのは
すごくゆったりです。
空間ゆったり、おやつも奪い合うことなく
(だからおやつばっかりじゃないかおまえは)


実は、この河内さん。

私が建築科にいたころの仲良しだった友人の、
故郷・熊本時代の幼なじみ。
(というか、二件隣に住んでいたそう。)

大学当時、建築をやりながら芝居にも足をつっこんでいた私に
彼女が「そんな夕海に紹介をしたい人がいるんだ」と
黒テントで役者をやっていた河内さんを、紹介してくれたのが
そもそもの始まりで
以来、観に行ったり、観に来てくださったり、
あまり身内になりすぎずお互いに厳しい眼差しで作品の評価をしあってきました。
かれこれ8年ほどのお付き合いになりますか。

今回は、確か去年
新宿の雑踏を歩いていた水色のパーカーを着てすごく目立っていた河内さんを
偶然見つけて
おーい、久しぶりですね、元気ですかと声を掛けたところ
「あ、よかった!玉井さんに実は相談したいことがあって・・・」
と切り出されて進んできた仕事依頼で
こんなに長いおつきあいの中、記念すべき初の共同作品であります。

ほんとに。
こうして私の日々の仕事は、繋がっていくのであります。
ありがたやありがたや。

しかも、河内さん。
つづく

(ほんとに続くのか!!!!!)

f0054757_15394115.jpg


2008年・12月3日(水) → 7日(日)
3日(水)/4日(木)/5日(金)──19時開演 
6日(土)/7日(日)──15時開演
開場は30分前 100席 自由席
入場料3800円(学生2000円)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演:
堀井政宏(東京大根三分茶漬)
玉井夕海(Psalm)
かりん(Psalm)
入口夕布
光田圭亮
山本健治
植田愛子
滝本直子 
片岡哲也
小篠一成
戯作:稲津真
音楽・パーカッション演奏:関根真理(渋さ知らズオーケストラ)
演出:河内哲二郎
美術・宣伝デザイン:片山中藏
舞台監督:森下紀彦
音響:島猛
照明:高円敦美
制作:シアターイワト

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご予約/お問い合わせ
・メール haru@jazz.email.ne.jp
・電話 080-5452-3165(平野公子)
ご予約いただき、当日お名前を伺い、受付清算となります。
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2008-11-12 15:28 | Psalm

次の舞台、『明治百話』について。

f0054757_136477.jpg


シアターiwatoプロデュース作品
『明治百話』


北海道からの報告を書き始めるより前に
今日から稽古が始まりましたので、ちょこっと宣伝です。
かりんは初日本読みから、きっちり着物を着て来ました。
さすがは邦楽科卒業生。板についています。
f0054757_2172686.jpg

↑これは、10/26に行なわれた淡路島での演奏会風景。ここでも着物を着ました。


かりんは新橋芸妓・秀千代役。

そしてわたしは、なんとヒロイン!?
のような、女役者・坂東侠香役をやらせていただきます。
もちろん着物も着ます。鬘もかぶります。
(ちなみに私は音楽は今回やりません)

すべてにおいて、初めてです。

ひゃっ!

どうなるんだ!
だいじょうぶかPsalm!

ぜひとも、確かめにいらしてください。
yoomi

2008年・12月3日(水) → 7日(日)
3日(水)/4日(木)/5日(金)──19時開演 
6日(土)/7日(日)──15時開演
開場は30分前 100席 自由席
入場料3800円(学生2000円)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演:
堀井政宏(東京大根三分茶漬)
玉井夕海(Psalm)
かりん(Psalm)
入口夕布
光田圭亮
山本健治
植田愛子
滝本直子 
片岡哲也
小篠一成
戯作:稲津真
音楽・パーカッション演奏:関根真理(渋さ知らズオーケストラ)
演出:河内哲二郎
美術・宣伝デザイン:片山中藏
舞台監督:森下紀彦
音響:島猛
照明:高円敦美
制作:シアターイワト

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご予約/お問い合わせ
・メール haru@jazz.email.ne.jp
・電話 080-5452-3165(平野公子)
ご予約いただき、当日お名前を伺い、受付清算となります。
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2008-11-05 02:52 | Psalm

北海道公演から、帰ってきました。


f0054757_15325999.jpg

↑2006年の夏に、上野・一角座で映画『もんしぇん』の上映をしていた時に
 近所の靴屋さん(そのみつ)で、作った靴。以来、共に本番を踏んできました。


今見たら、一ヶ月も更新していなかったのですね・・・
ごめんなさい。
「一言でも書かないと、読者が離れますよ!」と友人に怒られました。
その通りです。はい。書きます。毎日・・は無理でも(友人一同「無理です」)
きっと。

ということで

佐藤真監督の続きも踏まえつつ
旅の御報告もしていきたいと思います。

何故 佐藤さんの話しを続きにしたか、というと
北海道とある繋がりがあったからなのですけれど
ええと・・・

ゆっくり いきます。
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2008-11-03 15:53 | Psalm

10月、北海道ツアー決まりました。

f0054757_14251927.jpg


2007年に敢行した、夏の旅から一年が経とうとしています。
そんな今年。

なんと、北海道・琴似で公演させていただいた劇場・コンカリーニョスタッフ
で照明の高橋正和さんよりお電話をいただき、話し合いを進めていった結果
コンカリーニョを含めた三カ所を訪れての
10月28日から11月1日まで、北海道公演が決まりました!

「私自分で見たものしかわかんないから。宣伝出来ない。ごめんね。」と
コンカリーニョ主催の斉藤ちずさんに言われたことは
今も覚えています。
それでもこの劇場でなんとしても公演がしたく、自主的にやらせていただき
それを見た斉藤さん、高橋さんを始めスタッフのみなさんが公演後に

ようやくわかった、だからまた来なよ。今度は宣伝する。

と、言って握手で別れた打ち上げ飲み会
それが実現することとなったのです。



しかも、場所もみんなおもしろそうなんですよ!

スペイン語で”愛を込めて”という意味の名を持つホールコンカリーニョは、集合住宅の下にある劇場で、子どもたちの発表会などもやれば、世界第一線で活躍するパフォーマーとの出会いを提供もするところですが

小樽公演の会場・遊人002ホールは、1935年に建てられた旧北洋銀行小樽支店をリノベーションした「おたる無尽ビル」3Fに設けられた多目的ホール。2001年の解体寸前に地元の商店主3名が買い取りを決断して、保存された歴史的建造物でもあるそうですし、又、北のれんが古柏堂は、街角再生による地域活性事業の一環で、旧帯広第二尋常小学校を改装した多目的ホールだそうです。

わくわく。

おもしろい場所でやると、体が楽しくなって
音が良くなるので嬉しいです。


以下は、高橋正和さんの企画書よりコメントと、情報です。
yoomi

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年、天草を舞台として上映された映画「もんしぇん」(山本草介、初監督作品)のサウンドトラックを担当した(玉井夕海は役者として主演)うたと二五弦箏による音楽ユニット「Psalm」は全国ツアー<眠る唄、旅する舟>の一環として札幌コンカリーニョでライブを行った。
その結果・・事前に音源は聞いましたし、これはきっといい音楽に違いないと思っていた自分の予想をはるかに超えたすばらしいものでした。
「うた」に込められた「想い」は確実に観客全員に届く。
「箏」の響きはコンカリーニョの空間を海の中に沈める。
その中で二人はくらげのように揺らぎ、時には海底火山のようにはじけ、また寄り添う子魚に差し込む光はどこまでも静かで深く深く落ちてゆく・・
平和な時間の流れ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
僕は舞台の仕事を通して箏の音に接する機会も一般の人に比べれば多いと思います。
箏の音がこんなに素敵だとはその時まで気づく事はできませんでした。
邦楽の楽器とヴォーカルの組み合わせだけで表現できるこの海は二人だからこそ創ることができる世界なのでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どんな音楽なのか、言葉で・文字で説明はやはりできないものです。
地味な印象を与える「Psalm」です。
昨年はとても少ないお客さんでした。
今年は・・正直、いっぱいのお客さんを呼ぶ自信はありません・・・。
それでも少しでも多くの人に感じてほしいと思うのです・・・・
                                  高橋正和

f0054757_14545211.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


神無月・・霜月・・音色は響き、秋の風に乗って旅をする・・・

「Psalm」北海道ツアー2008 
<白い象は夢を見た>
出演/うた・玉井夕海  うた&25絃箏・かりん

札幌公演
10月28日(火) 開場19:00 開演19:30
会場 生活支援型文化施設コンカリーニョ
   札幌市西区八軒1条西1丁目ザ・タワープレイス1F(JR琴似駅直結)
料金 前売り¥2500 当日¥3000 
コンカリーニョ会員¥2000(NPO法人コンカリーニョでの受付)
チケット取り扱い 4丁目プラザ・大丸PG ローソンチケット(Lコード15793) コンカリーニョ

主催 NPO法人コンカリーニョ、地域創造アトリエ・ネットワーク、北海道
予約・問い合わせ コンカリーニョ TEL:011-615-4859
         http://www.concarino.or.jp/


【小樽】
会 場 :おたる無尽ビル・遊人002ホール
 小樽市花園4丁目1−1
日 時 :10月30日(木) 18:30開場/19:00開演
料 金 :前売2,300円/当日2,500円
※ぶんぶんくらぶ会員価格2,000円(前売のみ)。
「道新中販売所」「遊人庵」で取り扱い。
前売券取扱:(有)北海道新聞中販売所、おたる無尽ビル
問合せ :(有)北海道新聞中販売所 TEL:0134-51-2121
主催  :小樽トラスト協議会、地域創造アトリエ・ネットワーク、北海道


【帯広】
会 場 :北のれんが古柏堂
 帯広市東2条南12丁目2−1
日 時 :11月1日(土) 15:30開場/16:00開演
料 金 :前売2,500円(ワンドリンク付)/当日3,500円(ワンドリンク付)
※ぶんぶんくらぶ会員価格2,000円(前売のみ)。「道新中販売所」「遊人庵」で取り扱い。

前売券取扱:北のれんがを愛する人々
      古季庵いろり  TEL:0155-25-3777

 問合せ :北のれんがを愛する人々 TEL:0155-28-7748
     www.kitanorenga.com
        inquiry@kitanorenga.com

主催:北のれんがを愛する人々、地域創造アトリエ・ネットワーク、北海道
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2008-09-14 15:01 | Psalm

9/8(月)Psalmライブあります!

月見ル君想フ にて、ライブやります。
・・・って、告知してなかったような気がする。あれ?ほんと?
『ルドンの黙示』用にチラシを作って、ほっとしちゃったのかもしれません・・。

うがが。
よかったらぜひともいらしてください。
対バンなので30分くらいですが
ルドン後初のライブなので、新国立劇場で初めて観て下さったみなさんも
今回は音楽だけですが、聞きにきてみてください。
よく、「絵の見える音楽隊」と言われます。
自分たちの身に起きた様々なことが折り込まれて、その絵は出来るので
今回はどういう絵が見えるのかなと、それは実は
歌っている自分がいちばん楽しみにしているのかもしれません。

ちなみに、余談ですが
今回対バンする中松さんは、ドクター中松さんの息子さんだそうです。

・・・って、そう言われるのはきっとあんまり好きじゃないと思うけれども
人間繋がってるから、それもきっと音楽になっているに違いなく
楽しみです。「ぴょんぴょんブーツ」がどういう音になるのか、っていう。
だってなかなか、バネ付いた靴履いて空を飛ぼうとしたお父さんの息子
として生まれることって、ないと思う。

yoomi

[月面にHOW?]

恭乎/BAUMAXX!!/Psalm/中松義成

■open/18:30 start/19:00 ■前売 \2,300 当日¥2,800 (+1D)
■インターネット予約
8月8日0:00~9月6日24:00迄→ご予約はこちら
■月見ル君想フ電話予約 8月8日~(03-5474-8137)
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2008-09-03 15:20 | Psalm