ブログトップ

Psalm of The Sea

psalm.exblog.jp

カテゴリ:わたくしごと( 50 )

あかずきんの、おばあちゃん

f0054757_2315925.jpg


コンカリーニョの高橋正和さんから、
今、照明の仕事で東京に来ているんだよ、と久しぶりのお電話をいただいて
チェコ在住の人形遣い・沢則之さんの公演を観に行ってきました。

公演後、高橋さんに「舞台の掃除を手伝って!」と、笑顔で箒を渡され
みんなと一緒に舞台上を掃いていたら、
この「おばあちゃん人形」が落ちていたのを拾ったところ
あるスタッフの方が記念にくださいました。

上演中に登場人物をハサミで切りながら作ってしまう、
という。斬新!

脳みそは裏切られるととても喜ぶ。

沢さんの人形劇は、『課外授業・ようこそ先輩』という番組の中で初めて見ました。
〜視点を変えて楽になろう〜という副題が付いていたことを、この記事を書く為に調べていて知りました。

二年前。
Psalm北海道ツアーの際、高橋家にかりんと二人でお邪魔させていただいていた時に
「これは是非見て欲しい」と、高橋さんがおもむろにビデオデッキに入れたテープが
唐突に再生モードに入り、そのまま一時間見ていて
気がついたら涙で顔がぐしゃぐしゃで、どうしようもないことになっていました。

チェコ という国について
私はまだ多くのことを知らずにおります。しかし

何故チェコで人形劇が盛んになったのか ということを
やはりきちんと調べたい。
それはきっと天草に私が感じたことと近いことなのではないか


沢さんが作り出した人形達の複雑で割り切れない顔立ちや
その立ち居振る舞いと
それとは反対に 明るく元気に勢い良くサービスをしてくださる沢さんの
両方がくるくると舞台で踊るのを見ながら思いました。


7月19日(月)
“Sunny Side Songs-chapter.11-”@赤坂グラフィティ
大黒美和子/玉井夕海/and more <opening act:木下直子>
開場 18:00/開演 18:30
前売 ¥2,300/当日 ¥2,600(1DRINK 別)

東京都港区赤坂3-21-10 赤坂NSビルB1.
電話 03-3586-1970.
最寄り駅 東京メトロ丸の内線・銀座線 赤坂見附駅. 駅より徒歩1分。
ヴェルビー赤坂の左脇の道を直進。
突き当たり手前、右側 居酒屋『三間堂』の地下1F。

[PR]
by Yoomi_Tamai | 2010-07-17 23:12 | わたくしごと

NIKE MUSIC SHOE!!!!!

f0054757_10464247.jpg

HIFANA:NIKE MUSIC SHOE-MAKING OF

NIKE MUSIC SHOE

すげえええええ!!!!

うわああああ・・・
これやってみたいなあ・・・
いいなあ いいなあ 想像しただけでわくわくする。
踊ってるうちにいろんな音楽が生まれそう。
いっぱいの人で踊って音楽にしたらすごく楽しそう。

きゃああー!
私はテレビを見ないので、今日初めて知りました。
みんなもう周知の事実なんだろうか。

これ欲しい!欲しい!やってみたいようううう!!!
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2010-07-01 10:57 | わたくしごと

スロバキア!!!!!!!!

すごい!!!!!!!!!!!

f0054757_12158.jpg

[PR]
by Yoomi_Tamai | 2010-06-25 01:00 | わたくしごと

去年の昨日、その前の日。

f0054757_18211753.jpg

去年にも6月1日があったし
その前の日も、その前の日もあったんだなあ。

写真を整理していたら、ぼんやりと当たり前のことを思いました。
上の夕焼けは、2009年の6月1日。

これは、その前の日。5月31日。
f0054757_1825815.jpg


この写真の前日に、私の大事な師匠のうちの一人
白石通弘氏が亡くなったことを
31日の夜、電話で娘さんから告げられて
ずっと涙が止まらなかった時の
様子。

ああ、一周忌だったのに。
私は何もしていなかった。今年。


白石さんは、私が高校の頃に在籍をしていた
読売新聞子ども記者団の編集長で
私を天草へ誘って下さった方であり
声の大きな(いびきも大きな)妥協のないビール好きの
とても面倒くさくて存在感のあるおじさんでしたが

対する私も、負けじと面倒くさい高校生だったので
とてもかわいがっていただき
読売新聞を退職されて、生まれ故郷の今治へ帰られた後も
何度かお宅を訪れてはご厄介になりました。
Psalm全国ツアーの時にも訪れて、この家の庭で奥さまの追悼ライブをやったことが
ありましたし

記者団時代にも、その後も、
いろいろありました。

その中でも一番思い出に深いのは、「御所浦町長事件」の時のこと。

映画『もんしぇん』を作る前、私が天草の御所浦に住み込んでいた2003年の夏。
日本最高齢の町長さんを抱えていた島のみんなから、何故か当初、
「町長になってくれ」と、冗談まじりに半分本気で頼まれて、
ああ。私は映画を作ることも音楽も芝居も全部やめて、
この島で町長になった方が、みんなの役に立つのかな。
それならそうしようかな。

と、泣きながら毎日悩んでいたある日。
(今考えるとおもしろいんですけど)

奥さんを連れた編集長が、四国から船を乗り継いで
御所浦に来てくださったことがありました。

「港まで迎えに来なさい。
 僕ら夫婦はね、君へのお土産で手がいっぱいなんだ。運びに来なさい」

と呼びつけられ、なんのお土産だろうとつっかけサンダルで出迎えに向かう途中
漁船の音のする方を見やると
海上タクシー(小さな漁船を海のタクシーにしている)の甲板から手を振っている、
いつもの水平帽を被った黄色いポロシャツ姿の編集長と
にこにこ顔の奥様が立っていて

もっとよく見ると
二人の腕の中には籠があり
籠には、今治の庭の畑に生ったキュウリやトマトやいろんな野菜が一杯に入っていて

それを抱えた二人は
まるで恵比寿様のような出で立ちで
大笑いしたのでしたが


その夜。

町長になった方が人の役に立つのなら
いっそ全部やめようかと思うのです。
と、まっくらな夜空を見上げながら言う私に、編集長は言いました。

「風土という言葉はね、風と土、と書くだろう。
 風と土がなければ、風土は育たないのだ。
 お前は、風だ。
 だからここに留まってはいけない。
 俺は、土だ。土にしかなれない男だ。
 まあ、四国も天草も同じような島だから。四国で土になったって、同じだよ。
 だからお前はね、安心して飛んで行っちゃいな。
 俺が土になってやる。町長にはならんでよろしい。」

と、言われました。


それでも『もんしぇん』を見れば
「お前はこんなもんが作りたかったのか。わからんちんな映画だな」と笑われ
音楽を奏でれば
「お前はこんなもんがやりたいのか。さっさと海洋学者にでもなれ」と鼻を鳴らされて

私はその度におろおろして、自信がなくなりましたけれど
やはり、こんな風にして人生を生きていくしかないと覚悟をしたのは
他でもない、編集長の葬儀に出ないことを決めた時でした。


f0054757_1825204.jpg


編集長がちょうど、この世界から旅立った頃。

私は、ちょうど北海道から訪れていたコンカリーニョの高橋正和さんと一緒に
Nordic Treeという、フィンランド伝統音楽を奏でるバンドの演奏を聴きに
吉祥寺のライブハウスにいて

二階席でビール片手に酔っ払って、
鼻歌を歌いながら
タップを踊っていたのでした。


なんて軽やかな
やさしい音なんだろう。

天に昇っていけそうだ。


こんなにやわらかに弦に触れる人はきっと
家族や友人のある日の悲しい気持ちも闇の果てしなさもそっと分かって
黙って座って髪を撫でながら暖炉に薪を焼べるような
そういう人達なんだろう
わたしはそんな人にいつかなることができるだろうか


と 思いながら音楽を聴いていた あの頃。


あんなに暑苦しかった一つの熱が彼方へ昇ったのだなあ。
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2010-06-02 19:27 | わたくしごと

東京の雪

f0054757_0481390.jpg


『上海バンスキング』初日まで、あと20日。

[PR]
by Yoomi_Tamai | 2010-02-03 00:46 | わたくしごと

上海はパンツ。

f0054757_1103123.jpg

三泊四日で上海に行って来ました。

初めての中国。初めての上海。

写真は、フランス租界にあるクレマンアパート。
はためいているパンツの主は誰だか分からないけれど、
ここだけではありません。
どこへ行っても、パンツがいっぱい干してありました。

そして

いよいよ『上海バンスキング』の本稽古が始まりました。
私は、とんでもない場所にいます。

f0054757_18112.jpg

[PR]
by Yoomi_Tamai | 2010-01-15 01:59 | わたくしごと

galette des rois

f0054757_39895.jpg

今年のフェーブが当たりました!やった!
(でも、正月のお菓子になぜサンタ??)

galette des rois
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2010-01-05 03:18 | わたくしごと

my spaceに、動画アップしました。

f0054757_20342644.gif

よかった!
ぎりぎりお元日に間に合いました・・・ふう。

『MOTHER SUN』
↑まだよく分からないので、検索に引っかからないのですが
この文字をクリックしていただくと、サイトにjumpします。

聞いてみて下さい。
サイトの中身は少しずつ、充実させていきます。


f0054757_2344943.jpg

写真は、実家の犬・クーです。
お正月で帰宅したので、年初めの散歩に行きました。

後ろ足がヘルニアになり、ほとんど前足だけで歩いている彼が
突然立ち止まり動かなくなってしまったので
足が痛いのかと思ってしばらく待っていたら

遠くから、一歳に満たない小さな女の子が
お父さんとお母さんに連れられて
歩き初めの覚束ない足取りでやってきて
クーにぴたりと抱きつきました。

クーもうれしそうに女の子に鼻を寄せ、ひとしきりその親子と遊び
やがて、
「さあ行こうか」というように
川に向かって歩き出しました。

・・・あれ?

もしかして君は、あの子の足音が聞こえていたのか?
だから待っていたのか?

最近、めっきりよぼよぼで格好が悪くなったクーですが
今日は本当に見直しました。


私はこんなふうに、生きているだろうか。
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2010-01-01 20:36 | わたくしごと

2010の始まり。

f0054757_47260.jpg

紅白歌合戦の後ずっとNHKを付けていて
そのまま『新春いきなり生放送!年のはじめはさだまさし』を見ていたら、
すっかり眠るのが遅くなりました。

一緒に見ていた妹が眠そうにあくびをしながら
「月食見る?」と誘ってくれたのですが、もう眠くて、
いい、月が欠けるだけだもん。寝る。

と答えた私でしたが

お風呂に入った後、鏡を見たら
塞がってしまったピアスの穴が気になって
再びこじ開けるのに必死になっていたりするうちに
いつの間にかみんな寝静まっていて

空を見上げたら、ちょうど月が欠け初めたところでした。

4:23がピークで、また満月に戻るそうです。

きっと今年は、おもしろい年になる。
そんな気がする。
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2010-01-01 04:23 | わたくしごと

White Christmas

子どもの頃から聞いていたはずなのに、ちゃんと歌詞を知りませんでした。

二番の「一枚一枚クリスマスカードを書きながら」というところが
とてもいいなあ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

White Christmas  (Bing Crosby and others)

I'm dreaming of a white Christmas
Just like the ones I used to know
Where the treetops glisten
and children listen
To hear sleigh bells in the snow

私は夢見ています ホワイト・クリスマス
私がむかし経験したような クリスマス
樹冠が きらきら輝いて
子供たちが耳を澄ませて
そりの鈴の音を聞く 雪の世界

I'm dreaming of a white Christmas
With every Christmas card I write
May your days be merry and bright
And may all your Christmases be white

私は夢見ています ホワイト・クリスマス
1枚1枚クリスマスカードを書きながら
あなたが楽しく明るく過ごしますように
あなたのクリスマスが銀世界でありますように

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
12/13(日)新番組『Fantasista』by 玉井夕海
at 青山・外苑前 Z.imagine
開場19時、開演20時
前売2000円、当日2300円。ドリンク代別。

ご予約・お問合せ
(Z.imagine) zimagine@radio-zipangu.com TEL. 03-3796-6757
このライブの模様は、インターネット中継でご覧頂けます。
(詳しくは、Z.imagineホームページをご覧下さい)
当日ご来場いただけない方にも ネット環境があれば、国内外問わず聞いていただけます。
三回連続・空想ラジオ風ライブ。最終回です。

[PR]
by Yoomi_Tamai | 2009-12-13 00:25 | わたくしごと