ブログトップ

Psalm of The Sea

psalm.exblog.jp

2006年 04月 16日 ( 1 )

雨降る月夜。天草は大潮。

先日、九州限定のFM ラジオ番組『ELAN VITAL』に
出演させていただきました。

この数年、脚本執筆中にも雑誌や新聞に取り上げていただいて来ましたが
映画が出来上がってからは実質、東京初めての広報活動でしたので
やっぱりそれは、特別の日でありました。

その晩は、シグロで宣伝作会議を終えた後
ちょっと体調が悪かったので、
近くの「ちゃんぷるー亭」でゴーヤチャンプルー定食を食べ
(野菜が足りなくなると、体がどんよりしてくるのです・・・)
いつもの三人(山本草介監督、海津研、玉井)でひとしきり話をした後、別れて
六本木の収録スタジオへ向かいました。

空はだんだん雲ってきて
六本木に着いた頃は、雨でした。

雨が降るというのは
人によって よい兆しとも、悪い兆しとも 言えることですが
わたしにとっては大概いつもよい兆しなので 
ああ、水が回っているなあ・・・
と思いながら、持っていた水色の傘をさして歩いて行きました。
(傘が水色なのは、たまたまです。電車の中でなくしたので
 泣く泣く駅で買いました)

人通りをはずれた場所にある、ビルの一角にスタジオはあり
夜の闇の中に灯る明かりを目指して上って行くと
ロバート・ハリスさんの声が建物から漏れて
聞こえてきました。

細やかな雨の夜は、音を吸い込んで一層静かです。

子どもの頃、私はテレビを見せてもらえませんでした。
情報はすべて、ラジオからの音と、本でした。

テレビが見たくて見たくて、でも見せてもらえなくて
だから私は
闇の向こうに絵をみる術を
身につけたのだと思いますが

音から始まる ということが
きっとこの「もんしぇん」という映画にとっては
幸福なことであったでしょう

人は昔
口伝によって物語を伝えました。

『もんしぇん』って、どんな映画なのか
天草って、御所浦って、どんなところなのか

ハリスさんのとても素直な質問と
ユーモアのある語りに導かれて
『もんしぇん』はめでたく公共の電波に乗りました。

※もしかしたら、聞こえないかもしれません・・・
[PR]
by Yoomi_Tamai | 2006-04-16 02:25